不動産賃貸管理
メニュー
電話アイコン
管理の見直しチェックシートはこちら
マンション管理の見直しチェックシート

CONTACT

不動産オーナーさま専用お問い合わせ

エスプリ更新情報

  • No. VOL.214
    発行 2024年4月15日
    特集 何が変わる?「省エネ性能表示」の努力義務化がスタート

    新築物件の売買および賃貸の広告等において、省エネ性能表示が2024年4月から努力義務となります。新築物件のオーナーは、所有する物件の省エネ性能を表示するラベルを発行することが必要になります。
    この新たにスタートした制度についてお伝えします。

    PDFをダウンロード
    Esprit214
  • No. VOL.213
    発行 2024年3月15日
    特集 知らないと損をする?エレベーターリニューアル工事3つのポイント

    マンションやオフィスビルに設置されているエレベーター設備の多くは、その建物が新築された当時から稼働し続けていることから、築年数そのものがエレベーター設備の稼働年数となります。
    築年数の経過した物件で、ある日突然、エレベーターメンテナンス会社から「そろそろリニューアルのご検討をお願いします」と頼んでもいない見積書と提案書が提示されることがあります。
    提示される見積金額の高さから、リニューアル工事の必要性や価格の妥当性について、当社に相談いただく機会も多く、リニューアル検討の際のサポートの経験が蓄積しています。

    そんなエレベーターリニューアル工事で失敗しない適切な判断方法についてお伝えします。

    PDFをダウンロード
    EspritエスプリVol.213
  • No. VOL.212
    発行 2024年2月15日
    特集 蛍光灯の製造が完全終了!LED化の再燃には理由がある

    「蛍光灯の製造が終了!?」と耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
    昨年2022年に開催された水銀に関する水俣条約会議において、直管蛍光灯の製造と輸出入を2027年末で禁止することが合意されました。
    これで既に2025年で製造、輸出入禁止が決まっている電球型蛍光灯とあわせ、家庭やオフィスで広く使用されてきたすべての蛍光灯の製造が終了することになります。
    今号では、製造中止の背景や、蛍光灯に代わるLEDの現状についてお伝えします。

    PDFをダウンロード
    EspritエスプリVol.212
  • No. VOL.210
    発行 2023年12月15日
    特集 人気設備ランキングから見る、成約率向上のカギ【 エアコン編 】

    11月に賃貸住宅新聞に掲載された「人気設備ランキング」の中で、これがなければ入居が決まらないとされる設備として、
    単身者向け、ファミリー向けの両方で1位に輝いたのが「エアコン」。

    「なぜ今さらエアコンが!?」と驚かれるもしれませんが、近年、長引く猛暑によって、室内のエアコン設置の重要度が格段に高まり、
    入居者の目線が変わってきています。

    そんな変化するエアコン需要について、賃貸市場での設備投資の視点で見てみます。

    PDFをダウンロード
    Esprit Vol.210
  • No. VOL.209
    発行 2023年11月15日
    特集 LPガス(プロパンガス)の不透明な料金設定にいよいよメスが入ります!

    経済産業省は、賃貸集合住宅向けのLPガス料金について、ガス供給とは関係のない設備費の上乗せを禁止する方針を固めました。
    長年問題となっているLPガス料金の不透明さを是正することが目的です。2024年春に省令を改正し、2027年度の施行を目指します。

    今号では、改正される背景とその内容、賃貸市場に与える影響についてお伝えします。

    PDFをダウンロード
    Esprit Vol.209
  • No. VOL.208
    発行 2023年10月15日
    特集 費用がかかり過ぎるから手がつけられない?
    駐車場のライン・枠番の引き直しの問題解決法をご紹介!

    駐車場に車を停める際、駐車場のラインが薄くなっていて、「停めにくいな」と感じたことはありませんか?

    経年とともに、駐車場に引かれたラインや枠番は薄くなってしまいます。この引き直しには、どうしても車を移動させることが必要で、その移動先の確保などで過度な費用が発生する懸念から、ラインや枠番の引き直しを避けてしまう傾向にあります。

    PDFをダウンロード
    Esprit Vol.208
  • No. VOL.207
    発行 2023年9月15日
    特集 制度スタート目前 -インボイス制度-
    賃貸借契約にかかる消費税を再度理解しましょう

    2023年10月1日からインボイス制度が開始されます。
    開始後は、仕入税額控除を受ける際に 基本的には売り手( 賃貸マンションでは 賃貸人)が発行した適格請求書などを保存する必要があります。
    開始が直前に迫ったこのタイミングで再度、建物賃貸借契約に関わる消費税の内容を確認いただくとともに、改めて当社の対応についてご説明いたします 。

    PDFをダウンロード
    Esprit Vol.207
  • No. VOL.206
    発行 2023年8月15日
    特集 築年数が経過しても素敵なマンションの秘密は“植栽”にあり!

    “築年数が経過していても綺麗なマンション”と聞いて、どのような物件を思い浮かべますか?

    大規模改修工事や外壁清掃、エントランスや共用部のリニューアルなどを行っている物件はもちろん該当しますが、意外と見落とされがちなのが”植栽”の存在です。
    植栽が適切に手入れされ、定期的な剪定や植え替えを行うことで、物件の印象を大きく変え、入居者満足を高めることが可能になります。これは、良好な住環境を提供するために非常に重要な要素だと考えられます。

    PDFをダウンロード
    Esprit206
  • No. VOL.205
    発行 2023年7月15日
    特集 安心感がUP?!
    賃貸借契約の電子契約がもたらすメリットと注意点

    近年、あらゆる業界でペーパーレス化やデジタル化が進んでいますが、これまでアナログメインであった不動産業界も例外ではありません。
    2017年にIT重説が、2022年にはデジタル改革関連法の改正により電子契約が可能となった「賃貸借契約」にも、その波が押し寄せています。
    現代においては、IT導入による利便性・メリットを考慮し柔軟に対応することも不可欠となります。
    そこで今回は、賃貸借契約の電子契約とは?そのメリットと注意点についてお伝えします。

    PDFをダウンロード
    Esprit Vol.205

不動産経営の最良のパートナーとして
最大の共感を生み出す企業を目指します

               

株式会社エスタス管財は大阪市北区の不動産管理会社です。不動産オーナーさまの不動産経営を成功に導くため、最適なご提案・サポートを行うパートナーを目指しています。対象エリアは広く、関西エリア、とくに大阪府を中心とし、兵庫県(神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市・伊丹市・宝塚市・川西市)・京都府(京都市内中心部)と、大阪府以外の不動産オーナーさまにもご相談いただいています。また、マンション・アパート・オフィスビル・戸建てなど様々な物件の管理が可能です。設立から18年、管理戸数3600戸の確かな実績から、不動産オーナーさまの収益最大化・問題解決を実現します。

AREA

対応エリア

エスタス管財では、現在、次のエリアに対応しております。
※その他のエリアも拡大中ですので、ご相談ください。

大阪府

兵庫県

CONTACT

お問い合わせ

現在の不動産経営について不安・お悩みの方や
エスタス管財についてより深く知りたい方はこちら。

オーナーさま専用ダイヤル

06-6242-8460

受付時間: 10:00〜18:00

入居者さま専用ダイヤル

06-6242-8463

受付時間: 24時間365日