不動産賃貸管理
メニュー
電話アイコン

不動産オーナーさま専用
お問い合わせ

無料相談はこちら

CONTACT

不動産オーナーさま専用お問い合わせ

2022.07.04

#売上UP

「学生生協vs管理会社」賃料設定が違えば、賃料収入が変わるのは当然のお話です。

「学生生協vs管理会社」賃料設定が違えば、賃料収入が変わるのは当然のお話です。

賃貸経営での売上は「賃料×部屋数×契約月数」でほぼ試算することができます。
このうち、最も注意が必要なのが適正な「賃料の設定」ができるかどうか。特に新築物件での賃料設定の間違いは致命的です。高すぎれば複数の空室が残り、安すぎれば、部屋数分のマイナスが損失となります。

「学生生協」に管理を委託するか、一般の管理会社(当社)に委託するかを迷われたオーナーさまの実例から、賃料設定が与える影響についてお伝えします。

課題

  • 「学生生協」選択のリスク
  • 「学生生協」を外す選択のリスク
  • オーナーさまの選択のポイント

解決

  • 募集窓口限定と情報量不足のリスク
  • 有力な募集窓口を閉ざしてしまうリスク
  • 限られた情報量へのリスクと学生数減少の現実
  • エリア

    兵庫県西宮市

  • 物件種別

    一棟マンション

  • タイプ

    単身

  • 戸数

    6戸

  • 構造

    木造

賃料査定の依頼

新築を計画中で管理会社を探しているというオーナーさまからの問い合わせです。

物件は最寄駅から徒歩30分と距離ある立地ながら、大学の真横に位置し、その大学の学生がターゲットとなるわかりやすい物件です。

ターゲットが明確でブレがないだけに、とれる戦術は限られます。問い合わせいただいた内容から、戦略を立案するために賃料査定調査を開始しました。

学生生協の選択肢

オーナーさまは最初に当該大学の「学生生協」に管理の見積りを依頼。その見積内容の妥当性を確認したいというのが当社に相談された理由のひとつでした。

この地域のワンルームマンションは、ほぼ学生がターゲットになることから自ずと選択肢は限られ、管理委託先の候補のひとつに「学生生協」が入ってきます。

学生の紹介、斡旋に圧倒的な力を持った生協の場合、外部の宅建業者が管理する空室情報を学生には流さず囲い込むことが頻発します。

当該大学の「学生生協」も同様に情報の囲い込みが為されるのは周知の事実です。

オーナーさまにとって、「学生生協」に委託した場合の囲い込みによるリスクと、「学生生協」を外すことによるリスクのどちらの影響が大きいのかを判断する必要があります。

生協との査定内容の差

まず、学生生協から出されていた設定賃料と当社で調査した賃料査定の結果を比較いただきました。

1階2階3階
当社・賃料査定65,000円67,000円69,000円
学生生協・提案賃料60,000円62,000円64,000円

※共益費込みの金額

各階で2,000円ずつ上がる設定は同じですが、当社提示の方が「学生生協」の提案賃料よりも各戸5,000円高い査定結果になりました。

 当社提案が採用された場合、6室全て新入学生の入居で在学中は転居しないものと仮定すると、生協提示の賃料との差は、5,000円×6室=30,000円。12か月で年間36万円、4年間で144万円の売上に差が出ることになります。

数値だけ見ると当社に軍配が上がります。しかし学生生協からは提示賃料以上の設定をすると成約に至らないと明言されていたこともあり、オーナーさまにとって当社が提示する5,000円アップが実現可能なのかどうか、不安が隠せない状況でした。

生協との募集戦略の差

当社での募集で、学生生協と賃料5,000円の差がうまれる理由を明確に説明できなければ、管理受託が欲しいがための提案だと思われても仕方ありません。

今回の当社の査定内容と、学生生協のそれとの違いは大きく2つあります。

募集形態の差

まず、ひとつは募集のあり方の差です。

学生生協の仲介力が強いのは間違いないですが、生協に管理を委託すると、空室情報は他の仲介業者には流されない専任契約を覚悟する必要があります。申込窓口は学生生協の一社となり、当社の空室募集のあり方とは真逆になります。

当該大学は学生数が多いこともあり、学校周辺には仲介店舗が多く点在しています。当社は空室情報を抱えこむのではなく、周辺の全ての仲介店舗へ広く情報公開し募集をかけます。申込窓口は点在する仲介店舗の数だけ存在することになります。

申込窓口が、学生生協の一社限定募集での案内数と、周辺の仲介店舗、12社での案内数とを比較すれば、後者の方が断然案内数が増えます。

案内数は成約機会と捉えることができるので、機会を増やし、一定の成約率を維持することができれば成約数をコントロールすることが可能になります。

情報量の差

もうひとつは、競合物件から見えてくる成約賃料です。

賃料査定の際、直近での成約賃料や学生の目線、傾向などヒアリングを周辺の仲介業者の営業マンに行います。

【競合物件、直近の成約賃料】

立地種別間取家賃(共込)
競合A駅徒歩22分木造ハイツ261K63,000円
競合B駅徒歩23分木造ハイツ261K65,000円
競合C駅徒歩17分木造ハイツ251K64,500円

競合している物件の直近での成約賃料を見ると、生協の設定のように弱気になる必要がないことが見えてきます。新築の優位性を活かし、情報提供先を絞らず募集をかけ、内覧会など告知方法を工夫することで十分成約数を確保し満室にすることは可能です。

当社提案賃料で成約が可能だと考える理由がここにあります。

さて、その成果は?

オーナーさまとしては、「学生生協」に管理委託することで一定の安心感の元、専任一本で賃料を抑えて戦うか、不安定要素はありながらも多数の仲介会社に募集を広げ、賃料を上げて戦うのかを比較した結果、当社への管理委託を決断いただきました。

賃料の差が生まれる理由と、募集手法の違いから案内数を増加させる戦略をご理解いただけた結果です。

こうなれば、なんとしてでも成果をだすしかありません。5,000円高い設定で本当に成約に至るのか?とオーナーさまの不安をひしひしと感じながら、提案条件で募集をスタート。

当社得意の仲介業者向け内覧会やキャンペーンを駆使し周知活動を徹底したこともあり、募集開始後1ヶ月で6室全部屋成約に至り、学生生協提案より5,000円高く、竣工前満室という最良の成果をだすことができました。

オーナーさまの決断ポイント

オーナーさまの一番の不安は、賃料を上げたことで満室にならずに4月に突入してしまうことにありました。競合資料などでその理由が明示されたことや、市場性や戦略をじっくり聞くうちにどちらがリスクが大きい選択かを考えられました。

全部で6室なので、そもそも空室リスクを過剰に恐れる必要がないこと、学生生協の専任であれば一定の安心感はあるものの、生協以外からの情報は遮断されてしまえば、今後直面する課題に対して適正な判断ができない方がリスクが高いことに気づかれたのが、決断のポイントといえます。

当社管理の場合、数多くの仲介業者から情報を仕入れ、その情報を精査することで、適正かどうかを判断することができます。逆に限られた範囲で、しかも一つの情報だけで決断することは間違いを犯す危険性が高くなります。

今後、学生生協一択の選択は疑うことも必要です。学生数減少の影響もあり学生をターゲットとするマンションの空室が多くなり、勝たないといけない競合物件が増えています。

学生数が減少する中、学生マンションも生き残る戦略には広く情報を取得し緻密に対処する必要があります。

学生をターゲットとした賃貸経営でお困りの場合は一度当社までご連絡ください。一緒に戦略を考えさせていただきます。

CONTACT

お問い合わせ・ご相談

記事を読んで不明な点があれば、
お気軽にご連絡ください。
もちろん無料でご相談いただけます。

関連記事

stop

不動産経営の最良のパートナーとして
最大の共感を生み出す企業を目指します

株式会社エスタス管財は大阪市北区の不動産管理会社です。不動産オーナーさまの不動産経営を成功に導くため、最適なご提案・サポートを行うパートナーを目指しています。対象エリアは広く、大阪府・兵庫県(神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市・伊丹市・宝塚市・川西市)・京都府(京都市内中心部)と、大阪府以外の不動産オーナーにもご相談いただいています。また、マンション・アパート・オフィスビル・戸建てなど様々な物件の管理が可能です。設立から15年、管理戸数3600戸の確かな実績から、不動産オーナーさまの収益最大化・問題解決を実現します。

AREA

対応エリア

エスタス管財では、現在、次のエリアに対応しております。
※その他のエリアも拡大中ですので、ご相談ください。

大阪府

兵庫県

CONTACT

お問い合わせ

現在の不動産経営について不安・お悩みの方や
エスタス管財についてより深く知りたい方はこちら。

オーナーさま専用ダイヤル

06-6242-8460

受付時間: 10:00〜18:00

入居者さま専用ダイヤル

06-6242-8463

受付時間: 24時間365日